母の日のプレゼント 70代の母には?

70代のお母さんは人にもよりますが、60代よりは
少し受身になっているかもしれません。

 

血圧が気になったり、骨粗鬆症が気がかりだったり、
健康面の不安も抱えています。

 

ですから、健康に留意したプレゼントを考えてみましょう。

 

 

日常生活にちょっと刺激もしくは新たな習慣

 

母の日には日帰り温泉。

または一泊で温泉。

できたらゆっくり一泊して温泉を楽しみたいですね。

 

なかなかそういう時間が取れないようなら、

「鉢植えの花」

これは「水やり」というちょっとした手間をかけてもらうため。

 

プレゼントされた花の手入れは楽しみでもあります。

 

普段家にいるお母さんなら、それほどの負担にならず、
新たな習慣ができて生活の張りが増えます。

 

「スカーフ」「帽子」等ちょっとオシャレな外出用の小物。

 

これは、普段よりちょっと若々しく、ちょっとオシャレをして
外出してもらうため。

 

帽子やスカーフなどの顔の周りに使うものを明るい色に
すると、顔が明るく華やかになって若返って見えます。

 

そうすれば、外出が楽しくなりますね。

 

パソコンまたはタブレット

 

これは「タブレット」がおすすめです。

 

覚えてしまえば操作が簡単ですし、スマホでは画面が
小さくて見にくいです。

 

家のどこでも使えて、写真や動画を送ったらすぐに見て
もらえますから、メールよりも簡単にやりとりができます。

 

70代になってもまだまだPCくらいは使いたい、と
思っている方はたくさんいます。

 

タブレットはとても喜ばれますよ。

 

自然に頭や手や足を使ってもらうように、花や小物、
PCなどで日常の生活を少し変えてもらう。

 

楽しみながらこれができれば、認知症の予防にも
なりますし、本人にとっても新たな興味の対象が
増えるきっかけになります。

 

母が70代を迎えると、あれをしなさい、これをしたほうが
良い、とつい言いたくなってしまいますが、まだそこまで
言われたくない、と思っていらっしゃる方が多いのです。

 

あまり「年寄り」扱いをせずに、楽しんでもらえるような
ことを考えてみてはどうでしょうか。

 

オシャレをして外出し、PC(タブレット)を操作する。

 

孫に「カッコイイ」とか言われそうですよね。

 

 

 

体調に不安があるなら

 

この年齢になるとなにかしら不調はあります。

 

加齢による不調は、付き合っていかなくてはいけない
ものですから、あまり深刻に考えずに、うまく付き合って
ゆくように考え方をアドバイスしてもいいですね。

 

不調の種類によってはサプリメントをプレゼントして
みるのもいいでしょう。

 

サプリメント以外にも、健康食品がいろいろありますから、
これというものを選んでみてください。

 

 

まとめ

 

70代はかなり人によって差が出てくる年代です。

 

とはいえ、まだまだ元気な方が多いので、あまり心配し
すぎるのも「余計なお世話」になってしまいます。

 

現状をよく見極めて、あなたのお母さんに合った
プレゼントを考えてください。

 

 

 

 

Originally posted 2016-03-25 02:12:48.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP