引越しのときの挨拶について

引越しというのは、やはり家族にとっては大きな
イベントです。

これまでお世話になった旧居の近所の方々、
新たに移る先の方々、
どちらにも挨拶をして、去るときにはすっきりと、
移るときには爽やかに、けじめをつけておきましょう。

 

 

旧居での挨拶と時期

 

引越しの日取りが決まったら、まずは、転居のお知らせを
出しておきましょう。

引越しの前後は忙しいですから、知らせるべき人には
まず「転居のおしらせ」を。

近所の方にはできれば引越しの前日に挨拶をします。

一戸建てなら両隣りと前の3軒くらいに。

また特にお世話になった方にもきちんと挨拶をしておきます。

最近は何も持たずに挨拶だけという人も多いです。

それではダメということではありません。

気持ちだけでもお伝えしましょう。

 

 

新居での挨拶

 

新居では、今後のお付き合いもありますから、
引越しの当日、または翌日には挨拶をしておきましょう。

できれば家族全員で一戸建てなら両隣と前の三軒に。

500円~1000円以内の、洗剤とか入浴剤とかの
日常品を用意するといいでしょう。

熨斗をつけて「ご挨拶」として、名前を入れておきます。

 

家族構成など簡単に伝えておくと、小さいこどもがいる
場合などは近所の人に見守ってもらえると安心です。

 

マンションの場合は同じフロアの両隣に挨拶を。

上下の方にも挨拶をしておくほうが無難です。

物音等、マンションでは「上下」の方がトラブルになり
やすいといえます。

 

 

単身の引越しの場合

 

特に女性の場合は防犯上のこともあり、挨拶はしない
ほうがいいようです。

大家さんや管理人は別にして、わざわざ挨拶周りはせずに、
何かの機会に挨拶をするくらいでいいでしょう。

単身者が多いマンションなどは、在宅の時間もまちまち
ですから、却ってこだわらない方がお互いに気楽です。

 

「隣は何をするひとぞ」
というのは都会ばかりでなく地方でも同じになってきて
います。

あまり立ち入りすぎない、というのは大事なことです。

 

とはいえ、出会った時の挨拶など、社会に暮らすルール
は守りたいもの。

 

なにかのときに近所の方に助けられることは多いです。

できるだけスムーズな人間関係を作っていくように意識
していきましょう。

 

 

まとめ

 

最近は引っ越しの挨拶をしない人も多く、挨拶するのが
常識、ともいえなくなってきました。

 

個々の家庭のプライバシーもありますから、オープンに
すればいい、というものでもありません。

 

しかし一人で生きているわけではないので、日常生活の
中で接点ができればそこから人間関係を築いてゆくこと
ができます。

 

人との繋がりを諦めないことが大事、と思います。

 

Originally posted 2016-03-16 16:59:20.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP