「花祭り」を知っていますか?

「花まつり」は4月8日、お釈迦様の誕生日です。

仏教では「灌仏会」(かんぶつえ)といいます。

ほかにも 降誕会(ごうたんえ)、
仏生会(ぶっしょうえ)、
浴仏会(よくぶつえ)、
龍華会(りゅうげえ)、
花会式(はなえしき)
といった別称があります。

 

 

「花まつり」と「甘茶」

 

お寺では仏像に甘茶をかけたり、参拝者に甘茶を振舞ったり
します。

 

これは釈迦誕生のときに、「産湯」のために9頭の龍が天
から清浄な水を注いだ、という伝説に由来します。

 

この水が甘い水「甘露」であったそうです。

このことから日本では「甘茶」が使われるようになりました。

「甘茶」はアマチャヅルという植物の葉を煮て作るのです。

 

寺院の系列の幼稚園や保育所では、4月8日は「甘茶」の
日として「甘茶」が振舞われるようです。

「花まつり」の花とは特定の花ではなく、多くの花がさいて
釈迦の誕生を祝ったということなのです。

 

 

「花まつり」と「白い象」

 

釈迦がうまれるとき、母の摩耶夫人は白い象が胎内に入る
夢を見たといわれていて、「白い象」は神聖な動物とされて
いるのです。

 

ですから「花まつり」には白い象の絵が書かれたり、子ども
たちが白い象を作ったりして、お釈迦様の誕生を祝うのです。

 

 

 

「花まつり」イベント

 

「花まつり」のイベントはあちこちの神社で行われています。

たとえば、

東京の浅草寺

4月8日には、本堂で法要が行われ。、参道では幼稚園児の
「白象」を連れての参拝が見られます。

10時半~15時には甘茶の無料接待もあります。

 

川崎大師

こちらでは4月1~8日が「花まつり」週間です。

 

知積院

こちらは京都ですが4月8日に法要があり、甘茶が振舞われます。

 

東本願寺東山浄苑

こちらは「日本最大の花まつり」となっていいます。

 

だいたいのお寺では「花まつり」の法要はしていますので、
まずは近くのお寺で確認してみるといいでしょう。

 

 

クリスマスより「花まつり」

 

日本ではクリスマスは定着しているのに、「花まつり」は
あまり知られていません。

 

仏教は意識していなくても、日本の生活に非常に影響を
与えています。

そこを考えると「花まつり」はもっと盛りあがってもいいの
に、と思います。

 

バレンタインや、最近のハロウィンのように、どこかのコン
ビニかお菓子メーカーが宣伝したらどうでしょう。

 

「花まつり」って「甘茶の日」という思い出を持っている方
も多いのではないかと思います。

 

昔はまだそれらしい行事が一般的にもあったように思います。

 

ちょっと「復活」してほしい「花まつり」です。

Originally posted 2016-03-05 09:19:46.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP