東大寺二月堂お水取り

3月になると「お水取り」
春の訪れを知らせる行事でもあります。

でも「お水取り」は
「東大寺二月堂修二会」という法要の期間に行われる
儀式のひとつなのです。

 

 

東大寺二月堂修二会とは

 

「にがつどうしゅにえ」と読みます。

奈良東大寺で752年から始められ、それ以後一度も
欠かすことなく続けられている法要で、五穀豊穣、鎮護国家
天災や病気から人々を守り、幸福を願うという行事です。

3月1日から二週間にわたって「本行」が行われます。

その中で3月12日の深夜、(13日午前1時半)
「若狭井」(わかさい)という井戸から観音様にお供えする
お水(「お香水」おこうずい)を汲みます。

これが「お水取り」です。

 

この行を勤める僧侶たちの道明かりとして毎夜大きな
松明に火がともされます。

そのために「お松明」とか「お水取り」と言われるように
なったのです。

特に12日深夜には、ひときわ大きな松明が11本あがる
ので、これを見ようと大勢の人が集まります。

 

この日は入場規制が行われますので公共機関を利用
するほうがいいでしょう。

 


「二月堂」の由来

 

この法要は、もともと旧暦の2月に行われていました。

ですから2月に修する会ということで「修二会」

またこのお堂も「二月堂」と言われるようになりました。

 

「お水取り」は春の訪れを告げる行事として、奈良では
長く親しまれている行事です。

今ではこの時期のツアーがあったりして大変混雑しま
すが、本来国家の安定を祈るのが奈良時代の仏教の
役割でもありました。

東大寺はそうした寺として歴史上の役割を担ってきま
したし、奈良時代の天皇とも密接に繋がっていました。

 

そのような歴史が生きているのが「奈良」であり「京都」
です。

 

「お水取り」と聞いて
「春がやってくるなあ」と感じる心。

そのように日々の生活の中に生きる伝統が「日本の
暮らし」を支えているのです。

 

 

Originally posted 2016-03-02 09:05:04.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP