お花見の起源と文化

「花」といえば「桜」

となったのは平安時代以降といわれますが、
「桜」は満開時期の短さ、満開時期の圧倒的な美しさ、
散る時の早さが「散り際の見事さ」とたたえられたりもして、

日本の文化の形成に大きな役割を果たしてきました。

 


平安貴族と桜

 

記録に残る最初の「花見」は812年嵯峨天皇の頃と
いわれます。

この後貴族の間で「花見」が広まり、例えば『源氏物語』
にも「花宴」の巻があります。

桜の木を庭園に植えるのは作庭の基本になり、庭の花を
愛でて宴を開き、あるいは山の桜を見に出かけることも
貴族の楽しみになってゆくのです。

「世の中にたえて桜のなかりせば
春のこころはのどけからまし」

返し、

「散ればこそいとど桜は愛でたけれ
浮世になにか久しかるべき」

これは「伊勢物語」の一節ですが、当時の貴族の
桜を愛でる心とその奥の心情とがよくわかりますね。

平安時代末期の西行の歌になると、

「願わくは花のもとにて春死なむ
そのきさらぎの望月のころ」

と、やや心情に差が感じられますが、この後の鎌倉・室町
時代になると武士の間に「花見」の風習が広がっていきます。

 


豊臣秀吉の花見

 

秀吉の花見といえば、「吉野の花見」「醍醐の花見」
があります。

これは山に出かけて野外で花見を楽しんだものですが、
江戸時代になると庶民の間でも「花見」の風習が広まり
ました。

将軍吉宗が墨田川河畔や飛鳥山に桜を植樹したこと
から、花見の名所となり庶民も楽しめるようになったの
です。

江戸時代末期には桜の品種「ソメイヨシノ」生まれ、
現在の桜の6割を占めていると言われています。

 


日本の文化の象徴としての「桜」

 

アメリカワシントンDCの例をあげるまでもなく、「桜」は
日本との交流の証として世界各地に贈られてきました。

それぞれの場所では「桜まつり」が行われ桜は愛されて
います。

そのように「桜」は万人に愛されるものでもありますが、
日本では、「春」しかも「行く春」の象徴として、短い
絶頂期のイメージや、「散り際の美しさ」をたたえるのに
使われることも多く、日本の歴史上でも、さまざまな出来事
に重なる花にもなっています。

 

日本人の心情として、
「桜」は先に挙げた和歌のよう心の琴線に響くもので
あり、伝統というよりももっと先祖代々受け継がれた
「花を愛でる」心の根底にあるものです。

西行法師の歌は、
今も日本人の多くに共有される思いといえるのかも
しれません。

 

日本の春には、「満開の桜」がなければ。

春を待つ心が求めるのは「満開の桜」の風景なのです。

 

Originally posted 2016-02-27 14:11:02.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP