お花見家族で食べるお弁当

家族でゆっくりお花見をするなら、

近くの公園が一番ですね。

桜の木が並んでいる河川敷などがあったら最高です。

あまり人が多すぎない場所で桜と春を楽しみましょう。

 


子どもと楽しむお弁当

 

春らしくなって満開の桜の下で食べるお弁当は
いつもより美味しく感じられます。

 

小さめのおにぎりや、巻き寿司、卵焼きや唐揚げ、
スティックサラダや、プチトマト、好きなものを詰めて
お弁当を作りましょう。

桜の頃はまだ肌寒いので、温かいスープなどもあったら
いいですね。

大人はホットコーヒーなども用意して。

パパも一緒ならビールも忘れずに。

ビールのおつまみに、スナック菓子なども用意しておきましょう。

デザートに可愛いケーキでもあったら子供さんも大喜び。

 


持っていきたいもの

 

おてふき、タオル、ビニールシート、水筒、紙コップ。
紙皿、ティッシュ、割り箸、スプーン。

ひざ掛け、帽子、(カイロ)。

ゴミ入れ用の袋。

カメラ、ビデオ、など。

子どもが転んで怪我をしたときのために、

消毒液と絆創膏。

 

 


お花見スポットは時期をずらして

 

桜が有名な場所はたくさんあります。

満開の時期は人がいっぱい。

子どもも自由に遊べませんし、横で宴会などしていては、
ゆっくりできません。

 

家族で楽しむなら、ちょっと時期をずらして。

平日の昼間とかがゆっくりできます。

大きな公園があれば、子供の遊び場にも困りませんし、

トイレも安心です。

 

公園以外でしたら、近くのコンビニやスーパーなど、
トイレのある場所を確認しておきましょう。

 

駐車場の場所、そもそも駐車場があるかどうかなども、

確認しておきます。

お父さんがお酒を飲むのなら、帰りはお母さんが運転
するのか、それとも電車にするのか。

荷物の量がそれによって変わってきますから計画はしっかり
立てておきましょう。

 


まとめ

 

家族でお花見をするときは、

桜と春を楽しむ、という気持ちで。

やっと暖かくなって春がやっってきた!という嬉しい気持ち
を味わいに出かけましょう。

 

お子さんも去年よりも大きくなって、

お弁当もたくさん食べて、家族みんなで元気な毎日を
喜ぶ日にしたいですね。

 

できれば、来年もまたここに来ようね、と約束して帰る。

 

そんな一日になりますように!

 

 

 

 

 

Originally posted 2016-02-26 12:04:12.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP