ひな祭り「ひし餅」の美味しい食べ方

ひな祭りのお供え物といえば、「ひなあられ」と「ひしもち」

「ひなあられ」はともかく、「ひしもち」は美味しく食べたいですね。

ピンク、白、緑と三色になっている「ひしもち」ですが、
その由来と美味しい食べ方についてまとめてみました。

 

 

「ひぢもち」の由来

 

日本の年中行事は中国から伝わったものが多いの
ですが、「ひしもち」もそうですね。

 

中国の上巳節という、3月最初の「巳」の日に、母子草
を入れたお餅を食べる風習に由来するようです。

日本では母子草ではなくてよもぎが使われ、よもぎ餅が
食べられていたようです。

その後「上巳節」が3月3日に固定されて、「ひいな遊び」
と結びつき、「ひな祭り」の行事になりました。

 

菱形のお餅になったのは江戸時代といわれています。

よもぎ餅の緑に、菱の実をいれた白い餅を組み合わせて、
2色にし、これを3段とか5段にしていたようです。

 

明治時代になって、くちなしの実を入れた赤い餅が入って
3色になりました。

下から緑、白、赤の順番で、緑は春の新芽を、白は溶け残った
雪を、ピンクは桃の花をあらわすようになったのです。

 

では、なぜ「菱形」なのでしょうか。

平安時代の宮中では、餅は「菱形」であったからとか、
室町時代に足利家がお正月に食べた餅が「菱形」で
あったとか、諸説があるようです。

心臓の形が「菱形」だから、ともいわれていています。

 

庶民の間に広まるに連れて、諸説が生まれたのでしょう。

 

基本は、女の子の健やかな成長を願い、一年間子どもを守る
食べ物として、供えられてきたのです。

「菱餅 画像」の画像検索結果

 

 

美味しい食べ方

 

鏡餅とおなじように、通常は味がついていませんから、
焼いて、醤油や砂糖醤油、きなこ、餡子をつけてもいい
ですね。

小さく切ってお汁粉に入れてもいいです。

 

3色になっているので、包丁をいれると緑、白、赤の部分に
簡単にわけられます。

これをレンジでチンして柔らかくして、好きなものをトッピ
ングしておやつに食べるのも楽しいです。

 

菱形の角の部分をちぎって食べると、
「角が立たなように丸く生きる」意味になるそうです。

 

このあたり、「日本の習慣」の意味合いがよく出ていますね。

 

 

まとめ

 

ひな祭りのお供え物としては、ほかに「ひなあられ」や
「白酒」があります。

ただ「白酒」は大人が飲むお酒です。

 

子供用のものもネットで検索するとあるようですが、
家でも甘酒は作れるので、手作り甘酒を添えてお祝い
するものいいですね。

 

 

 

 

Originally posted 2016-02-21 17:58:30.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP