春分、夏至などは「二十四節気」のひとつです。

「二十四節気」(にじゅうしせっき)を知っていますか?

知らなくても、「立春」や「冬至」は知っていますよね。

「四季」よりも更に細かく季節を分けたものが
「二十四節気」なのです。

 

 

二十四節気とは

 

春・夏・秋・冬をさらに六分割したものです。

この場合、一年は「立春」から始まります。つまり「春」ですね。

 

「春」は

「立春」「雨水」(うすい)「啓蟄」(けいちつ)「春分」
「清明」(せいめい)「穀雨」(こくう)

 

「夏」は

「立夏」「小満」(しょうまん)「芒種」(ぼうしゅ)
「夏至」「小暑」(しょうしょ)「大暑」(たいしょ)

 

「秋」は

「立秋」「処暑」(しょしょ)「白露」(はくろ)
「秋分」「寒露」(かんろ)「霜降」(そうこう)

 

「冬」は

「立冬」「小雪」(しょうせつ)「大雪」(たいせつ)
「冬至」「小寒」(しょうかん)」「大寒」(だいかん)

 

文字を見ると、いかにも季節が感じられますね。

 

よく知られているものもあれば、ほとんど知られていない
ものもあります。

 

春では

「立春」が今の2月4日ごろ。

2月19日ごろが「雨水」といって、雪が雨に変わるころと
されています。(このときが旧暦の正月)

旧暦2月は

「啓蟄」・・冬眠していた虫たちが出てくるという意味で
3月5日6日ごろ。

「春分」は昼と夜が同じ時間になるとき。
今の3月20日ごろ。

旧暦3月は

「清明」・・・・草木が青々として美しくなる季節のこと。
今の4月4日5日あたり。

「穀雨」・・・作物が雨に潤って田植えや畑仕事がすすむ。
今の4月20日あたり。

”春”では

「立春」
「春分」がよく知られていますが「啓蟄」もよく見る言葉
ではないでしょうか。

 

 

夏・秋・冬

 

夏は

「立夏」から始まります。5月6日ごろ。

『小満」は草木が生い茂ってくる季節。5月21日ごろ。
田植えの準備をはじめる時期でもあります。

「芒種」 麦を収穫し、田植えを始める時期。6月6日ごろ。

「夏至」 昼がもっとも長くなるとき。6月21日ごろ。

「小暑」 本格的な暑さがはじまる時期。7月7日ごろ。

「大暑」 最も暑い時期。7月21日ごろ。

 

”夏”では、

「立夏」

「夏至」がよく知られていますね。

 

秋は、

「立秋」から始まります。8月8日ごろ。

「処暑」は暑さがおさまり、秋がやってくる時期。

「白露」は野草に朝霧が宿るころ。

「秋分」は昼夜が同じ。

「寒露」は野草に露がみられるころ。

「霜降」 文字通り、霜が降りて寒くなってゆく時期。
10月23日ごろです。

 

冬は、

「立冬」から始まります。11月7日ごろ。

「小雪」は雪が降り始めるころ。11月22日あたり。

「大雪」は雪が積もりはじめるころ。12月7日あたり。

「冬至」は昼がもっとも短い日。12月22日ごろ。

「小寒」 「寒の入り」ともいいます。寒さが厳しくなるころ。
1月5日ごろ。

「大寒」 最も寒さが厳しい時期。1月20日ごろ。

 

”秋” ”冬”では、

「立秋」「秋分」

「立冬」「冬至」が知られています。

が、「寒露」『霜降」

「小寒」「大寒」

などは、いかにもその時期を表していて、もっと使いたい
言葉です。

 

 

まとめ

 

二十四節気の名称は中国で作られたものです。

したがって日本の気候とは多少の「ずれ」があります。

が、

「白露」とか

「霜降」とかの文字をみると、

その時期をよく表しています。

いまではこういう「漢字」が残っているは日本だけ
であり、貴重な文化遺産でもあります。

また、なんといっても、実際に使われてもいるのです。

使われているからこそ、残っているとも言えます。

 

ですから、使い続けて大事にしていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Originally posted 2016-03-08 04:06:55.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP