「大安」「仏滅」「友引」に左右される日本の暮らし

結婚式、お葬式、引越し、内祝い、なにかにつけて
暦に左右されるのが日々のさまざまな催事です。

それほどに「暦」は生活に密着しています。

 


「暦注」のひとつ「六曜」

 

「暦注」とは、暦に書き込まれている「干支」や「曜日」
「二十四節気」などのことで、大安・友引などの「六曜」
もそのひとつです。

日めくりカレンダーなどを見るとよく分かりますね。

「六曜」は「ろくよう」「りくよう」と読みます。

中国で生まれたといわれ、一ヶ月を五等分して六日
を一つの周期として考えたもので、鎌倉時代末期に
日本に渡ってきたと考えられています。

 

先勝⇒友引⇒先負⇒仏滅⇒大安⇒赤口
という順番で繰り返されます。

 

「先勝」 (「せんしょう」「せんかち」「さきがち」)

「友引」 (「ともびき」)

「先負」 (「せんぷ」「せんまけ」「さきまけ」)

「仏滅」 (「ぶつめつ」)

「大安」 (「たいあん」「だいあん」)

「赤口」 (」「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」)

 

この「六曜」は様々な行事をいつするべきか、の根拠として
広く使われています。

知識として知っておきたいことです。

 


「六曜」の意味と使い方

 

「先勝」・・・急ぐことがよい。午前中が吉、午後は凶。

「友引」・・・葬儀は慎む。(友を引くから)
引き分けで勝負がつかない日。

「先負」・・・「先勝」の反対。先んずれは負ける。
勝負事・急用は避ける。控えめに。
午前中は凶、午後は吉。

「仏滅」・・・全てに凶。祝い事にはよくない。

「大安」・・・全てに吉。祝い事には特に良い。

「赤口」・・・祝い事には大凶。火の元に注意。

 

以上のことから、例えば訴訟などは「先勝」がよい、と
されます。

結婚式。結納、などの「祝い事」は「大安」か「友引」

 

それほど「六曜」に拘らないという人もいるでしょうが、
やはり「結婚式」など、特にたくさんの方をお呼びする
なら「大安」を選ぶほうが物事がスムーズに運ぶでしょう。

 

何かをするなら「良い日」を選びたい。

これは誰もが思うことでしょう。

だからこそ「大安」や「仏滅」はひとつの常識として
長く受け継がれてきたのです。

 

カレンダーを見て、今日が「大安」と知って、なんとなく
安心したことがありませんか?

反対に「仏滅」を発見して、ちょっと気になったり。

 

そのように「暦」は日本人の生活に密着しているのです。

 


まとめ

 

毎日見るカレンダーですが、さりげなく書かれている
「暦注」の影響は驚くほどです。

 

とくに、この「六曜」

代々受け継がれてきたマナー、常識、と言ってもいいでしょう。

誰もが納得してしまう習慣として定着しています。

 

やはり「知識」として備えておきたいことです。

 

 

 

 

Originally posted 2016-02-14 02:49:30.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP