「暦」月の和名を言えますか?

月の名前というと今では英語で言える人の方が多いでしょうね。

古典の授業などで「むつき、きさらぎ。やよい・・・・」と
覚えたことはなかったでしょうか?

 

実際には「師走(しわす)」くらいしか、最近は使いません
から、ますます遠いものになってしまいました。

 

 

 

月の和名の意味と由来

 

日本では1873年にグレゴリオ暦(太陽暦)が使われるよ
うになり、これ以前のものを「旧暦」といいます。

 

実際の行事など(たとえば節分もそうですが、)は、いまで
も「旧暦」を使っていますね。

 

「旧暦」は「中国暦」(太陰太陽暦)を用いたもので、太陽
ではなく「月」の動きをもとに作られたものです。

 

各月名はこのようになります。

1月  睦月 (むつき)・・・新年に当たり親戚が睦まじく過ごすから

2月  如月 (きさらぎ)・・・寒くて衣を重ねる「衣更着」(きさらぎ)から

3月  弥生 (やよい)・・・草木が茂る「弥や生い」(いやおい)から

4月  卯月 (うづき)・・・「卯の花」が咲く季節だから

5月  皐月 (さつき)・・・「早苗」を植える季節だから

6月  水無月 (みなづき)・・・・水が枯れてしまう季節

7月  文月 (ふづき、ふみづき)・・・歌や文を書いて送る月

8月  葉月 (はづき)・・・葉が落ちる月

9月  長月 (ながつき)・・・夜が長くなる月

10月 神無月 (かんなづき)・・・神様がいなくなる月

11月  霜月 (しもつき)・・・・霜がおりてくる月

12月  師走 (’しわす)・・・師(僧侶のこと)も走り回るほど忙しいことから。

以上のうちで、注意すべきは、旧暦なので今の月とは、ずれていることです。

たとえば「水無月」これは真夏の水不足ですね。

「葉月」は秋のはじめ、葉が落ち始める頃。

特に「神無月」には注目してください。

これは日本古来の神は年に一度「出雲」に集まるからです。

ですから出雲地方では逆に「神在月」と言います。

 

 

暦は日本の行事そのものでもあります

 

いまでも「日めくり」というものがありますね。

 

これで「仏滅」とか「大安」とか、そのほか様々な情報を得
ることができる便利なものです。

 

また、一年を24に分けた「二十四節気」という暦もあります。

こういったものがしっかりと今の行事の元になっているのです。

「暦」は日本の文化の基本といえるかもしれませんね。

 

Originally posted 2016-02-12 09:07:39.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP