「不惑」は知っているけれど。

「不惑」というのは40歳のこと。

これは60歳の「還暦」とは全く別の『論語』の言葉ですから。

『論語』というのは中国の孔子という人の言葉を弟子が書き残した書です。

 

 

論語の中の言葉「不惑」

 

論語には、

こんなふうに書かれています。

”子曰く

「吾 十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、
五十にして天命を知る。
六十にして耳従い、七十にして心の欲する所に従いて矩をこえず。」

(こえず の漢字が表記できず、すみません)

 

意味は、

子(つまり孔子ですね)は、このようにおっしゃった。

「自分は15歳で学問の道で身を立てようと思った。
30歳で自立できるようになった。
40歳で心に迷いがなくなり、50歳で自分に与えられた使命
を知った。
60歳で何を聞いても腹が立つことがなくなり、70歳で自分の
行動の全てが道徳上の規範から外れることがなくなった。」

 

とまあ、自分の生涯を振り返っているわけです。

この部分は「論語」でも有名な一節で、中学の漢文の教科書
にも載っていたりします。

 

ここから、15歳を「志学」(しがく)、30歳を「而立」(じりつ)
40歳を「不惑」(ふわく)、50歳を「致命」(ちめい)
60歳を「耳順」(じじゅん)、70歳を「従心」(じゅうしん)と
呼ぶようになりました。

 

この中でも40歳の「不惑」が特に有名になったのですね。

「四十にしてまどわず」(しじゅうにしてまどわず)と孔子
は言っているけれども、とんでもない、惑うことばかりだ!
「不惑」なんて言えないぞ!

という一種の反語のような意味で使われたのですね。

 

その他の年齢については、放置されてきたようですね。

「還暦」は干支と十干を使った,暦からきた言葉なので、論
語とは全く関係がありません。

 

60歳を「耳順」と呼ぶのは孔子の感慨ですから。

 

 

まとめ

 

しかし、本当に雑多なものが混じって「日本の常識」やら
「日本の伝統」やらができているなあ、と思います。

 

そしていつの間にか、「日本独自のもの」に落ち着いている不思議。

 

それだけ柔軟、というのか、「守るべき核」がそもそも無い
のか、やはり「不思議」な国だなあと思いますね。

 

 

 

Originally posted 2016-02-04 18:45:12.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP